2008/11/16

試写/映画『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』


先の投稿でもご紹介させていただいた映画『金糸雀は唄を忘れた』の監督(+編集・脚本)・赤羽健太郎氏が、我が家まで、「ほぼ完成したました」と、お越しになられ、2階の仕事部屋で、監督ご持参のPCとHDに収められた映像データを、僕が普段使用している22型ワイド液晶モニターへ送り、本日、ささやかな試写上映会が、近所に住む床絵美(この映画の出演者の一人であり、またその歌声も聞かせている)とその子供達、そしてカミさんを交え、じっくり拝見させていただきました。(ったく、読みずらい文章だね、すいません。)

僕は、スタッフの一人として、この映画制作に積極的に参加し、現場において、苦労を供にした者ではなく、たんなる「楽曲提供者」に過ぎませんから、今、ここで、この時期に、やたらなことは書けませんし、また書く必要はないと思う。批評、または感想は、この映画を見てくださる鑑賞者一人一人に委ねられていますし・・・。
が、一言、野暮なことをあえて書かせてもらうならば、この映画を「見る」には、「静けさ」が肝要です。鑑賞者の心は「静まりかえる」が必要があります。でもこれは、製作者サイドの特異な要求などではなくあらゆる芸術、「作品」というものに、本当に触れるための鑑賞者の基本的な態度というものです。この態度の重要性は、古今東西、過去・現在・未来までも、まず変わることはないように思われます。心が、静まり返らなければ、本来、モノは観えてはこないし、モノは、「告白」などしてくれないわけです。(これは僕自身が写真の仕事、撮影しつづける事によって学んだことです。)

この映画『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』は、かなり抑制の効いた「編集」が施されていました。この「抑制」の利かせ方は、監督は30歳ですが、30代の手つきではないですね。そこに監督の美学、美意識を感じることが出来ます。また、音楽の使い方、これを導入するタイミング、手さばきが、とても上品で、エレガントです。

「金糸雀は唄を忘れた」・・・。カナリアというのは、現代人である僕達すべてを指すメタファーですが、僕達は、一体いつ、「唄(inochi)」を取り戻すことが出来るのだろうか?
ただひとつ言える事は、監督であり人間・赤羽健太郎は、この映画作りの全工程によって、ようやく、そして確実に、あの「唄」を、取り戻しつつある、ということなのです。

2008/11/15

Yuta in Bronx


ユタ♂ at John's Run

最近のテレビ番組、ドラマ、CMなどは、軽はずみに、人間の心情面、その「叙情性」に訴えかけようとする代物、そんな類の演出または台詞が著しく増えたなあーと、感じるのは僕だけでしょうか??
「繋がってる」とか、「ぼくがきみを守るから」とか、「(何々)・・・だから」とか、なんだろうね、「信じているから」とか・・・、いちいち言葉にせざるおえなくなったんだろうね。
小生などは、たぶん皆さんご存知なように、ニンゲンの、「負の感情」というか、ネガテイブな面を、その暗がりをやみくもに、これまで散々渡り歩いてきましたから、この21世紀という「感情の時代」について、・・・・いやまて、「ユタ」についてすこし書こうと思っていたんだ。
ケモノはいいなあ、自然体で。余計な言葉、未来の不安というものを持たない完全無欠のシンプルライフ、そう「一張羅(イッチョウラ」」だよ。
僕らはたぶん余計なモノを持ちすぎてしまったのかもしれない。が、いわゆる「自給自足生活」をはじめるってのもなんだかちがう気がする。その由は、たぶん長くなりそうなのでここには書きませんが、いま、じぶんの足元、眼前に広がる場所、此処で、つかめない者は、たぶんどこいっても、どんな暮らしぶりに変えても、ほんとうに確かなこと、死の恐怖を蹴飛ばしてしまうくらいの「生の横溢」や銀河即我々体験、もしくは「ん~、世界はマーヤ(幻想)だったのか、でもサイコーさ」などなど、けっして手にすることは出来ないでしょう。犬の姿形をとった「ユタ」は、そんなことを僕に言葉ではなしに「態度」で教えてくれました。
この表情、イイでしょう。犬だって、「人間」なんですよ。

2008/11/14

Daguar in Bronx


ダグア ♂ - at John's Run

・・・いちおう、アメリカの闘犬です。かなり強いです。
この「John's Run」という名のドッグランの親分でした。
うしろに見えますのはそのオーナー、アダム。男優ショーン・ペンのような気質の男でした。
写真を整理してたらほいっと出てきたので、気まぐれにアップしてみました。
(木製テーブルの上、タバコ箱の上になぜか(?)置かれたセルラーフォンの形がやや時代を物語っております。)