2009/09/30

こころ、往くまで・・・ / 床絵美 Toko Emi


photo by Takeshi Kainuma


高尾八王子方面は朝からの雨。現場は中止となり、近所のファミリーマートへ煙草を買いに行く。その足で辺りを撮影、もちろん携帯写真、雨の中、傘をさしながら「これはイイよい」と調子にのって「充電!」という携帯画面のとつせんの合図で撮影は1時間ほどで切り上げ・・・。ん~寿命1、2時間程度のカメラマン。
それで昨夜、ヘロヘロになりながら、なぜかライブ間近の床絵美さんについて「書きなさい」という声が降りてきて(?)、このブログに、今まであえて床絵美についてだけは書くまいと、供に“音楽”という確かなモノを創ってきた盟友なので、言葉によって彼女を描いてしまう事はなかなか容認できない、が、また昨日は特にタフな現場だったので家路に着いた頃にはもはやボロボロ・・・「はやく寝なければ」という強迫(社交的)観念にさいなまれ、床絵美についてもし書き出してしまえば何時に終わるか分らない、明日の労働に支障をきたす、ほんと命があぶなくなるってクールに判断「けれどもし明日、雨なんか降っちゃって現場が中止になれば、書きなさいということなんだろうなあ・・・」と、ちょいとした賭けに出て、降りてきた声の真偽を測るのは決して悪いことではない、凡夫のサガであると、こう心に置いて夜の9時ごろには蒲団のなかにもぐり込み眠り込み・・・。で、結果、本日見事な秋雨じゃん!(ぺこん)


明日、10月1日(木)「吉祥寺 MANDA-LA2」にて、床絵美が歌います。
そしてこのライブ、実はアイヌの唄、ウポポ以外に1曲だけ、彼女は現代曲を披露いたします。その歌のタイトルは「借りものの歌」。作詞作曲は彼女の古くからの友人であるミュージシャン・堀内幹さんによるもの。そしてこの1曲のみ、幹さんのアコーステックギターが伴奏として入ります。たぶん、彼女の持ち時間は30分ぐらい。今だ床絵美の歌をナマで聴いたことのない人はぜひ、お越しになってみてください、、、って、そうじゃなくて、ライブの宣伝してどうすんの!「床絵美」について書くはずが・・・ん~マンダム。

0 件のコメント: