2009/09/20

「私の額装」中村明博について / Akihiro Nakamura

額装デイレクターである中村明博については、以前、このブログで触れましたが、最近、彼は「私の額装」というタイトルで、彼自身の額装についての考えを、言葉によって披瀝しました。ご興味のある方はこちらをクリックしてみてください。“額装”という仕事、その営みについて、ここまで指向・思考した人は、大袈裟ではありますが、たぶん世界初かもしれません。
たとえば、西洋の世界、西洋美術の歴史において、額装についての考えは、一言で看破するならば、所詮は作品のための「飾り」の域を出れなかったのではないでしょうか。作品を囲う、作品のための衣装という“装飾的な”価値しか見出してこなかったように僕には映ります。
むろん、中村明博の文章は、「額装」という非常にマイナーな世界のことを扱っていますから、興味のない方、もしくは「アート」と聞いて思わず後ずさりしてしまうような真面目な方にとっては、眠くなるような文章でしょう。
ですが、アート、「芸術」というのは、別に恐れるに足る「暗闇の怪物」では無く、かなり「おもしろい、ゾクゾク」するジャンルのひとつであります。
本来、彼の文章を読むより、ナマの彼の仕事、額装に触れていただくのが一番手っ取りばやいのですが・・・、やがてそんな機会もあるかと思います。それで、誤解なされる方がいるかもしれませんのであえてこれは書きますが、はっきり申しあげて、僕個人は「額装」についてさほど強い興味は持っておりません(僕が係わっているジャンルではありませんので)。あってもいいし、無くってもよい。が、彼、中村明博の仕事は美しい、たいへん見事なものです。透明な、美感を共有、感受しうる貴重な方だと直覚しています。
明晰な美学を根底に、一歩先を見据えつつ狼煙をあげた額装者、額装デイレクターとしての中村明博の額装に対する見解は歴史上初、注意深く読んでいただくことを、密か読者に期待しております。


(p.s.)
額装デイレクターとして、彼は「当たり前のこと」を書いたまでだ、と言えばまさしくそうですが、「当たり前のこと」とは、案外、人間存在の根底は討ち貫くほどの威力があります。革新的な相を秘めております。実際、人はこれを真っ直ぐに「見る」ことを厭い、できれば(無意識裡に)避けて通ろうとします。そこに生存の危機(といっても自意識の危機に過ぎませんが)、自意識の崩壊を予感させるものがふっと漂うからです。僕たちは、あわただしく動き回ることを好み、日々のスケジュールの内で安定し、これまで「当たり前のこと」をじっと見る勇気を蓄えては来ませんでした。また、こういったことの重要性を、この「社会」というか捏造文化が蹂躙する資本主義による貨幣制度の必然としての消費社会、この人間の世界というものは、あえて隠し通そうとして来ました。なぜなら、「当たり前のこと」を見、体験してしまえば、この社会がこれまでのようには機能しなくなるからです。人間の社会、文明というのは、極論してしまえば、何度も何度も、ごまかしごまかし生き延びて来たに過ぎません。って、ちょっと荒っぽい言い方ですね。
ただ、物事と対峙する、「当たり前のこと」と対面するとは、めちゃくちゃ愉しいということを僕はより多くの方々に知ってもらいたい。たぶん、中村明博氏も同じように考えていることでしょう。この地球を、さらに言えばこの銀河系をも蹴飛ばしてしまうくらいの破壊力、衝撃度があるかもしれません、「当たり前のこと」とは、非常に静かではありますが、善悪を超えた、そしてパワフルな覚醒体験を呼び込もうとするものなのです。

0 件のコメント: