2009/12/01

あの、此の世 / Hachiōji, Tokyo-03

photo by Takeshi Kainuma

(ええ、、荒涼とした、世界、風景・・・と言いますが、寂しげな光景・・・とも、映るのでしょう。が、よくよく感じ、視てもらえば、そこに在るのは、ひとつの、状況なんだね。「現場」って呼べばいいのかしら、場が現れている、・・・ここで、僕たちは、ひどく甘やかされたカラダとかココロと言われている「モノ」、装飾された、中身のないパッケージを・・・ハクダツされてしまうんだねえ・・・。
ヒトは、よく誤読するね、目をくらまされる、真実の、僕らの肉体、その存在の真ん中に位置する、イノチの切ないほどの温もり、ひどく懐かしい生暖かさ、尊さ、有り難いね、気高さというものを、こういった極限の場所、風景の極北にて、はじめて、ああ・・・強烈に実感する、視えて来るんじゃないのかな。困ったことにヒトという生き物は、そんな風にしか出来てないんだね。ゴージャスな、どこにも困窮のない生活、文明の輝かしい5LDKの暮らしの内で、もし、イノチの真実の官能性を味わおうと目論んでも、そりゃ無理だね。フワフワした人工色の飴玉の快楽って? うーん、気分転換にはいいかも。でも、やがてヒトは死を迎える、寿命というサークルの内でフッと消えざる負えないなら、持ってゆける「モノ」など何ひとつ無いなら、ほら、愛を語りだすならこのむき出しの場所で・・・。)

0 件のコメント: