2013/02/01

鳥のライン / Luminous Emptiness



たぶん憑き物が取れたのかもしれない。
(霊感はつよい方だった)
いや、憑き物というコトバ自体、自然のフィールド
動植物たちの現場には見当たらない。
 山に入り、思考を手放し、無闇に動き回る
脳内イメージをほっといてください、ヒト
のカラダ、あからさまに
山道をただ、ずんずん進んでゆく
無防備で 脆く 傷つきやすいモノとして
どこにも向かったりはしない、目的は
今更 無いのだから。
山頂を目指すこともできた
が登らないのさ。
(やがて帰り道を下ることになるから)
ただ、歩くことだけが、主
”、。
 そう言えば、ここは<圏外>
時計がわりに持参した携帯電話
今日のヒカリは異様に眩しい。

「なぜ撮影するのか?」
生きているから…ただ、歩いていれば良い。
はじまりも、おわりもない、無法の道を

ヒカリが
在る、トキ



「鳥のライン」 - Riwkakant リウカカント


0 件のコメント: