2008/10/29

映画『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』予告編

伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2007
短編の部・大賞受賞作品『金糸雀は唄を忘れた』 監督・脚本:赤羽健太郎
 -2008年11月22日(土)~23日(日)初公開-

床絵美 - 出演+唄
海沼武史 - 音楽


*********************************************************

この、映画『金糸雀(かなりや)は唄を忘れた』予告編だけですと、なかなかこの作品の「あらすじ」というものが見えてきませんが、監督は「あらすじ」を極力見えづらくし、抽象度の高い「編集」をあえて、選択したのだと思いますが、この映画の物語、あらすじがより明確にされたとしても、それによってこの映像作品の価値が損なわれることないだろうと、勝手に僕は独断、監督の思惑を無視し、映画『金糸雀は唄を忘れた』のストーリーとは、法、または唄を失った男女の「同行二人」、その旅の姿を描いたものです。つまり、もっとブッキラボウに語ってしまえば、二人の自殺志願者の物語り、ということになります。しかし、監督・赤羽健太郎が、こういった、ある種暗いテーマを選んだ由は、たぶん、いま、生きているという事、現代という時代相、世の中で生きるという事は一体どういうことなのか?という「問い」の深度にあり、ですから、この映画は決して「暗い」映画ではなく、「切実」な映画、ということになります。

映画『金糸雀は唄を忘れた』は、それを観てくださる方々に、やはり同時代を生きている人間・赤羽健太郎が、皆様一人一人に、「唄」を忘れたカナリアは死を選ぶしかないのか?と、問うているわけです。
そしてたぶん、一切の宗教論的な言説を超脱し、この「存在論的な問い」に答えられる人は、まず居ないでしょう。
なぜなら、この「問い」への「答え」とは、いま、眼前に映る数多の人間、その誰か一人の「裸の生」によって、たえず示されてゆくものだからです。

新人監督・赤羽健太郎とは、ただただ「誠実」であろうとしているだけなのです。

0 件のコメント: