2009/10/30

踏切 / railroad crossing


photo by Takeshi Kainuma

「橋」であるとか、「トンネル」とか、または「三途の河」ね、もしくは「踏切」とかは、どうもニンゲン存在に、「こちらとあちら側」を強烈に意識させる文物であり、メタファーに使われたりもしますが、僕は最近、この町に住みだしてずうっと気になっていた「踏切」を、ある夜、とうとう撮影しに行ったの。
「さいきんは携帯電話でしか撮影してませんから・・・」などと告白してましたが、なんとなくね、3~4日前かな、近所にたまに深呼吸しにいくお気に入りの場所がひとつあるのですが、そこに行き、「ああ、撮れるね」とココロが騒ぎ、三脚かついで一眼デジタルでそこから見える「踏切」を撮影してみました。
この写真、ここの踏切以外に、もう一つだけ、僕の愛する踏切が近くにありますが、そこには「とまれみよ」という表示板が取り付けられています。
「とまれみよ!」だよ、凄いコトバだと思わない? 
たとえば踏切の形而上学、精神の踏切としてこのコトバを注視するなら、この「とまれみよ」とは「汝自身を知れ」であり、「あんた、“無知の智”、ね」でありましょう。ソクラテスの「無知の知」とは、「わたしはな~んも知らない事を知っている」ですが、「世界」というのはそれぞれの心、意識の劇場内でのドラマ、認知でありますから、「あんたはあんた自身の事をなんも知らない」とは、「世界」のことを実はみんな何も知らない、となります。
ちょっと疲労コンバインの中で書いていますので、かなりイイから加減の飛び飛び文章になっていますが、僕が「踏切」を撮影して、ひどく痛感したことを最後に書いて、なんとか文態を保とうとするなら、あの世だのこの世だの、それは「踏切」を超えてない人たちの概念、物語であり、そこをひとたび超えてしまった、「踏切」を超えてしまった人たちにとっては、恐るべきことに、あちらもこちらも無いわけで、つまり「踏切」これ自体が消滅する、「踏切」だの、「橋」だの、「三途の河」ね、いわゆる「境界」自体が無化してしまう、この考えは、僕にとってたいへん心地よいアイデアで、ほら、お釈迦さんの滅茶苦茶ツッパッタお言葉、「あの世もこの世もともに捨て、犀の角のようにただひとり歩め」な~んてオンガクが、響いてくるようでしょう?
学生の頃、僕は17,8で「ブレークスルー」の思想をひどく心臓に打ち込まれましたが、あれからすでに30年が経ちました。そしてようやく、とうとう・・・、僕はニヤニヤしながら、この身体を連れて、生きたまま、この「踏切」を渡っちまおうかと思っています。
でも、もし失敗なんかしたら、どうか皆さん、笑ってください。

1 件のコメント:

mimi さんのコメント...

うん、生きたままその踏切、わたってください。

あなたならできると思う。