2010/02/28

熊谷絵美、赴いた場処 / Emi Kumagai

photo by Emi Kumagai

この『Riwkakant(リウカカント)』のブログは、時折、床絵美が登場するだけで、ほぼ管理は僕が任せられている、というか絵美さんは、やはり上品なんですね。それで、僕は写真家でもありますから、このブログにおいて他のフォトグラファーの写真はほぼ、「info」で已む無く載せる以外、アップしたことはありません。動画の方は、音楽を聴いていただく事を目的としていますので、YouTubeからご紹介させてもらっていますが、他の写真家の「写真」はまったく紹介したことがないのですね。つまり、このお気楽語記楽ブログでさえ、僕の眼、耳、総合的知覚(?)、美学、美意識なんてもんがばっちり働いているわけであります。(あ、前置きが長くなった!)

今回アップさせていただいた「写真」は、僕が撮影したものではありません。数年前に知り合ったフォトグラファー・熊谷絵美(敬称略)の「写真」、彼女がふっと赴いてしまった場処(刑)、です。

この「写真」と出会ったのは確か2年前の1月、彼女からの年賀状、写真は、そこに在った。その場処、風景は・・・。

そして、このブログのラベル「八人の王が眠りに就く処」は、そのたった1枚の写真がヒントとなり、僕の内で、黙々と準備され、開始された写真シリーズだったのです。

いわゆる「写真家」としての才能とか個性? そんなもん僕は知らない。見たこともない。彼女が赴いてしまった場処は、そんな「才能」だの「個性」という人間界のお伽噺を無化してしまう処だったということを、皆さんには感じ取れるだろうか。

たぶん、此処で、彼女はその背筋をのばし、あまりにも無防備な状態で、名前をうしない、国籍をおとし、木々や空や草たちがそうであるように、なによりも無垢な「存在」、その一部として、ただ胸の内にてコウベを垂れていたに違いない。

祈りとは何か? 
…切なさ。だがこの切なさの裏面には、ただならぬ鳥たちの「自由」が、「愛」がみなぎっている。

現代写真・現代アート、それは言葉のアヤ、泡だ。写真とは、「写真」とは、ただ“存在”へ迫るための鏡として在る。写真史という時間軸上の言葉の羅列にもし未来があるとするなら、もうそこにしか無いだろう。

0 件のコメント: